TYPE :: GADGET

ガジェット型 0 ➡︎ 1エンジニアブログ

MacBook Pro 2018向けアップデートがリリース −熱問題が解決?

米Appleは7月25日未明(日本時間)、MacBook Pro 2018年モデル向けのアップデートをリリースしました。

macOS High Sierra 10.13.6をインストールしてある、タッチバーつきMacBook Pro 2018年モデル全てに適用され、安定性と信頼性が向上するとのこと。

Mac App Storeからアップデートが行えるほか、こちらのリンクから手動でダウンロード、インストールすることも可能です。

f:id:gaku2n:20180725031544p:plain

サーマルスロットリング問題が解決?

大きな性能向上が目玉となっているMacBook Pro 2018年モデルですが、冷却不足に伴うパフォーマンスの低下(サーマルスロットリング)が各方面から指摘されていました。

技術系メディアTech Crunchによると、Appleはこちらの問題について、「バグ」によるものであると謝罪したとのこと。

またAppleは、今回の補足アップデートにてバグは改善され、公式Webサイトに記述してある通りのパフォーマンスを発揮できるだろうとしています。

つまり、MacBook Pro 15インチモデルは最大70%、13インチモデルは最大2倍、2017年のモデルに比べて高速化する、ということです。

実測値は、どうなる?

この問題はスクリプトである程度改善できた、なんて話がつい先日ありましたが、早速Appleに夜アップデートがリリースされましたね。

気になるのはアップデート後の実測値ですが、「Webサイトの記述通り」と述べているくらいですので、期待したいところ。

本日中にもたくさんの実験動画やブログ記事が上がってくるかと思いますが、こちらの問題で購入に迷っていた方は、要注目、ですね。

[Apple via Tech Crunch]