がじぇっく

0 ➡︎ 1エンジニアの、開発 / ライフハック / ガジェット + α

BOSEとJBLの肩のせウェアラブルスピーカー、店頭レビュー

今日もガジェットのことばかり考えていた、ガジェっくです。   最近、ちまたで話題になっている肩のせスピーカーを、店頭で試してきました。

言わずと知れた総合音響メーカー「BOSE」と、同じく世界最大級のオーディオメーカー「JBL」の肩のせスピーカーを、それぞれ比較しながら試聴してきましたので、レビューです。

BOSE SoundWear Companion speaker

まずはBOSEから。

店頭では、実際に肩に乗せてデモを試聴することができたほか、手持ちのBluetoothデバイスを接続して試すこともできました。

音については、一言で言うとBoseらしい、低音が響く音づくりだなと言う印象。

低音が強い音楽を流すと迫力が感じられる一方で、肩が震えます。

短時間聞くぶんには特に嫌な感じは受けませんでしたが、長時間試聴を重ねると、永遠にマッサージをされた後のような気持ち悪さが残るかもしれないな、と言う不安を少し感じました。

音質は悪くないです。ミドルレンジ以上ののイヤホンやヘッドフォンにはかないかな、と言う印象ですが、BGMとして音楽を聞く分には十分すぎるレベル。

普段から音にこだわっているユーザーでなければ、十分満足できると思います。


気になるつけ心地は、想像以上に良好。

全然重さは感じないですし、特に違和感もないので、これなら一日中つけていてもいけそうだな、と言う感じです。

それに、後述するJBLのものと比べて、とてもつけやすい。

ふにゃふにゃしているので、ガッと開いてつけることができます。これは楽。

なお、仕組み上視聴するメディアやデバイスによっては遅延が気になる可能性があるので、

音楽だけきければいい、と言うことならこれを買うのが無難だと思います。

JBL SoundGear

続いては、最近新色のグレーが発表された、JBLの製品です。

単品で2万円ほどと、競合のBoseやSonyの製品より1〜2万円ほど安い、お得な製品ですね。

こちらはデモがなかったので、手持ちのiPhoneをつなげて、同じ曲をいくつか試しながらBoseの製品と比較しました。

音はと言うと、Boseのものよりはあっさりしてるな、という印象。

Boseほど低音が響かず、比較的平坦な感じです。

音質は、Boseより若干劣るかな、というくらい。それほど悪いという印象は受けませんでした。


個人的に気になったのは、製品の固さ。

JBLのものが固いというより、Boseがふにゃふにゃなせいかもわかりませんが、いずれにせよガッと間口を広げることはできません。

よって、Boseのものに比べて肩にかけにくく感じました。

また、つけ心地もBoseに1歩劣るかな、という感じ。

気になるほどではありませんが、若干重量を感じます。


そして、一番気になっていたのが「起動音」。様々なレビューで、「起動音がうるさい!調整できない!どうにかしてほしい!」という声があったのですが、確かに大きい

ただ、驚くほどではないですね。日中自宅で使う分には、問題となるシーンは少ないでしょう。

静かな場所で電源を入れるのは確実にためらわれるので、そこだけは要注意、ですね。


あと、これはBoseの方では試すことができなかったのですが、JBLの製品では充電しながら使うことはどうやらできないようでした

あまり充電しながらデバイスではないとは思いますが、一応、参考までに。

 ## まとめ

両者ともしっかりしたつくりのイヤホンやヘッドホンのような音質は期待できないものの、普段スピーカーでの視聴でやむなく音量を絞っている人にはしっくりきそうな製品だな、と思いました。

というわけで、音質にこだわりすぎず、そこそこの迫力で音を楽しみたい人にはおすすめできそうな製品です。

BoseかJBLかは、遅延がどれだけきになるか、そして起動音の点で選択すれば良さそうです。

今後試す機会があれば、Sonyも試聴して比較してみたいですね。