TYPE :: GADGET

ガジェット型 0 ➡︎ 1エンジニアブログ

新型iPadでApple Pencilを使うなら、縦向きでメモ書きせよ!

f:id:gaku2n:20180425114312p:plain

こんにちは、ガジェっくのがく(@syasya_cat)です。

みなさん、新型iPad(第六世代)は買いましたか?

私は、なんだかんだあっさりポチって、全力で活用しております。レビューしてないけど。

端的に感想を言えば、

Apple Pencil最高!!!!

です。

今回は、約1ヶ月使い倒して「使いこなすのにいくつかコツがあるな」と気づいたので、こちらを短めに共有したいと思います。

純正のメモアプリに書き込むなら、縦向きがおすすめ

今のところ、サードパーティのノートアプリはほとんど使わず、Apple 純正のメモアプリを利用して思考をまとめたりアイデアを考えたりしているのですが、iPadを縦向きで使うか、横向きで使うかで、結構使い勝手が違います

詳しく検証したわけではないのですが、Apple 純正のメモアプリの、1画面の幅はどうやら固定されています。

どういうことかというと、縦向きに比べて、横向きにするとペンが太くなったりする。要するに、拡大表示してる、ってことっぽいです。

これ、意外と弊害があって

  • 時々書いている文字がぶれやすい
  • 実質的な表示範囲が狭くなってしまう
  • レスポンスが遅く見えてしまう

なんてことがあります。普段使うPCが横長だったり、それまで思考をまとめるのにA4の紙を横向きにして使っていたので、そのまま何も考えずに横書きで利用していたのですが、間違いでした。

横向きで「なんだか書きにくいな」と感じている人、1度縦向きで利用してみてください!思ったより快適になると思いますよ。

入力が多くなるなら物理キーボードは必須

これは当たり前と言えば当たり前なのですが、文字入力が多いなら物理キーボードは必須です。

この「多い」というのは、ブログを書くとか、そういう次元の話ではなくて、「検索する」とか「メッセージを送る」とかそういうレベルでの「多い」です。

iPadのソフトキーボードを使う場合、両手で持って親指で入力をするか、机に置いてPCのキーボードと同様に入力するのがスタンダードだと思いますが、これが本当に入力しにくい

両者とも入力スピードはそれほど気にならないのですが、なんせ疲れます。重い。ミスタイプに気を使う。

新型iPadはSmart Keyboardが使えないのでこれが結構痛いのですが、Bluetooth式のキーボードケースがいくつか売っているので、何かしら1つ持っておくと便利だと思います。

持ち運ばなくて良いのであれば、普通のBluetoothキーボードを使うだけでもだいぶ違うので、試してみることをオススメします。

まとめ

というわけで、新型iPadに関する、ちょっとした共有でした。

何かお役に立てれば幸いです。

(新型iPadの購入に迷いがある方はこちらの記事もおすすめ)

www.gakkun.jp